Notice: JavaScript is not enabled. Please Enable JavaScript so Functions Can work correctly.
人気サイトRANKING出会いやすいサイトを厳選しました!!
LOVEのバナー

様々な出会いが可能な人気サイト

恋人募集からセフレ・援交までオールジャンルの出会いが期待できるおすすめサイト!登録無料です☆
地域別に相手を検索できるので、ご近所での出会いも充分可能ですよ~♪

FirstMailのバナー

女性支持率業界TOPクラス!

女性に人気という事もあって、男女のバランスが抜群に良いです!入れ食い状態も日によっては発生しますよ♪
ジャンル別カテゴリーを利用してお好みの出会いを楽しんでみて下さい☆

援助交際の相場や募集場所、相手女性を選ぶときの注意点

ひと昔前までは、援助交際はテレクラを介してなされてきました。お金に困っている女性、どうしても欲しいものがある女性、セックスが好きでその相手を探しているのだけれど、どうせならお小遣いを貰いたいという女性。そういう人たちが、テレクラに電話をかけて、出た男性に援助交際の話を持ちかけたのです。今はその場所が出会い系サイトやそれに付随するネット掲示板に移っています。恋人やメル友を探す場合は別として、セックスをすることを前提とした出会いを探す場合には、この援助交際を求める女性の多さに辟易することとなるでしょう。

むろん、援助交際が悪いこととは言いません。お金を貰った女性らは、それによってより良い生活を送ることができるでしょう。払った男性も、面倒なこと抜きにセックスができたのですから、相互に不利益はありません。男性には、どうやっても女性と仲良くなれない、セックスするような仲になることができないという方もいますから、セックスを提供してくれる女性のいることは、彼らがより健康的な生活を送ることの助けになっているのです。

数年前までは、援助交際の相場といえばホテル代別で15000円でした。が、不況の煽りでしょうか、現在ではホテル代別で20000円が一般的となっています。一度援助交際をすれば、高くて30000円くらいの出費を覚悟しなければならないのです。待ち合わせ場所や日時は、女性側に合わせるケースがほとんどで、男性側の意見が通ることはありません。また、お金を支払ったとしても、向こうはあくまで素人なので、満足できるとは限りません。技術を持ち合わせているわけでもないし、スタイルがとても良いわけでもない。加えて顔が良いわけでもないのです。

そういった女性らを、女性に相手にされない男性が、あるいは金と暇を持て余している男性が購入する。それが援助交際であり、その商談のなされているのが、出会い系サイトなのです。見てみればわかりますが、大人の関係を求める掲示板などは、上から下まで援交の書き込みに溢れています。

サイトは援交を黙認している

どの出会い系サイトでも、援助を求めるような書き込みは禁止されています。それなのに掲示板がその書き込みに埋め尽くされ、援交掲示板と化すのは、援交をする彼女らが、隠語を用いて相手を募集しているからなのです。たとえば、「条件あり」「お願い聞いてくれる人」「サポ」「円希望」「穂別②」「パパになってくれる人」などがそれにあたります。

これらの書き込みはすべて援助交際がしたいという内容になっておりますが、これをサイトが野放しにするのは、その隠語によって取引がなされるため、あとで問題になったとしても「援交を求めるものだという確証が持てなかった」というふうに言い逃れができるからです。確実な証拠のない状態で、その女性の書き込みを削除したりすることはできない。そのように言って逃げることができるからなんですね。

先ほど申し上げましたとおり、出会い系サイトは援助交際目的の女性に溢れています。出会い系というものそれ自体が、援交のために存在していると言ってもよいくらいなのです。従って、もしそのような怪しげな発言をすべて禁止し、削除してしまうと、サイトから人がいなくなり、収益は減って、やがて運営が立ち行かなくなってしまうのです。

つまり、援助交際をしようという多数の女性が登録していることによって、それを買おうという多数の男性が登録し、利用料を払ってくれているからやっていけるのであって、援交を禁止してしまうと、女性の会員数の減算に比例して、収入源である男性すらもサイトからいなくなってしまうんですね。

だからこそ、出会い系サイトは援助交際を黙認します。そしてそれらがすべて野放しにされているから、援助交際が横行するのです。どの出会い系サイトを見ても、この傾向は変わりません。どのサイトも援交を黙認していますし、セックスありの出会いを求めたら、必ず援交をする女性にぶつかります。決してタダでやれるということはありません。宝くじに当たるくらいに運が良いか、相当ルックスが良いかしないかぎりは。

相手の選び方

援助交際は、手軽にセックスができるので便利ですが、ときたまハズレを引いてしまうこともあります。それがやる気のない女の子。キスやフェラはできないと言われたり、本番中に携帯電話をいじりだしたり。お金を払っているのにこれでは、明らかに損をしていると言わざるを得ません。よって、相手を選ぶときは、「自分に自信を持っていそうな女性は避けること」、そして「中高生の頃から援交をしている女性も避けること」を覚えておきたいですね。

自分に自信を持っている女性というのは、自身がとても価値のある人間であると勘違いしているばかりか、援交をしているのは自分であるにも関わらず、どうして私がこんな男とセックス(援交)しなければならないの、と考えていることが少なくありません。そういった女性は、こちらを満足させようという気がまったくないので、相手にしないようにしましょう。

また、中高生の頃から援交をしている女性は、子供の時分に男性に優しくしてもらって、尽くしてもらって、わがままを聞いてもらってというのを引きずったまま大人になっています。私は「与える側」なのだから、わがままを言うのは当然、尽くしてもらって当然、フェラなどそれが普通のセックスにおける普通のプレイであったとしても、したくないことはしなくてよい。こんなふうに考えています。よってこれらの女性を相手にすると、満足いかずに終わる可能性が大です。

いちばん良いのは、生活に困っている女性ですね。定期的に会ってお金をくれる男性を求めているので、あなたに常連客になってもらえるよう、彼女らは誠心誠意尽くしてくれるはずです。もっとも、メールの感じからその女性の性格を推し量るのも大切ですが。援交をするのなら、相手選びには注意したいところです。なにせ、お金を払うのですからね。

Comments are closed.